楽天モバイル新料金発表!ウバ活にはサブでならアリ??

ウーバー始める・グッズ
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Link
ウバかず

ども。
ウバかず(@UberSaitama)です!
埼玉西部のド僻地でウーバーイーツの配達をしています。

基本、超まったりな配達パートナーです。

ちょっと前の記事で、docomoが新たにスタートさせる「ahamo」について書いたのですが、auは「povo」、SoftBankは「SoftBank on LINE」と対抗するプランが出て来て、さらに楽天モバイルも新プランを発表したので、これで新しいケータイ各社の新プランが出揃った感じがありますね。

ウーバーイーツの配達には、ケータイは必須なので、こうした新しい料金プランを活用すると言うのは、アリな訳ですが、どんな感じなのか、ざっくりと見てみました。

楽天モバイルは20GBで1,980円

今回発表になった「楽天モバイル」のRakuten UN-LIMIT Ⅵ。
最大の特徴は、これまでデータ使用量無制限で2,980円だったのを、データ使用量別に料金を下げて来たと言う点。

具体的に見てみると、こんな感じ。

データ使用量0~1GB1~3GB3~20GB20GB~
料金0円980円1,980円2,980円

*2回線目は以降は、0~1GBまでの料金も980円

楽天モバイルの回線であれば、月間の高速データ容量は、無制限(パートナー回線エリアだと5GBまで)。
Rakuten Linkを使ってしまえば国内通話はかけ放題と言うのも、嬉しいところではあります。

他のケータイ各社からの新プランは、“そこまで利用しないけど…”と言うライトユーザー層に弱いプランになっているので、しっかりと対策して来た感じがありますね。

あるとやっぱり安心感|携帯用アルコール消毒スプレー
created by Rinker

携帯各社の新料金、結局、横並び?

ひとまず公式発表分で各社の新料金を比較してみます。

会社楽天モバイルdocomoauSoftBank
プラン名UN-LIMIT ⅥahamopovoSoftBank on LINE
~1GB0円2,980円2,480円2,980円
1~3GB980円
3~20GB1,980円
20GB~無制限2,980円×××
高速データ量楽天回線…無制限
他…5GB
20GB20GB20GB
*LINEは無制限
データチャージ1GB…500円1GB…500円1GB…500円1GB…500円
通話かけ放題無制限
*LINK使用時
5分かけ放題5分かけ放題
/月500円
5分かけ放題
申し込み方法WEB/店舗WEBのみWEBのみWEBのみ

詳細は、それぞれオプションなどもあるので、各社の公式発表を確認して貰いたいところですが、こうして見ると、やっぱり後発の「楽天モバイル」の優位性が光りますが、既存3社もなかなか頑張っている感は。

そもそも通話は、仕事以外でだと使う人は減って来ているかと思いますしね。
個人的には、5分で充分。
auのpovoは5分かけ放題で月額500円がプラスなので、実質的に2,980円がベースラインになるんだと思うのですが、そう見ると、各社ともに横一線…と言う感じがしますね。

ウバかず
ウバかず

全然、競争になってない…

既存のプランに対して、申し込みや対応がWEB限定になるぐらいで、あまり変わりはないから、正直、楽天かその他か…と言う感じでしょうか。

既存3社を現在、利用していて、そこまで不満が無ければ、その会社内で乗り換えと言うのが、ベストのようにも思えますね。

ウーバーグッズ|防水スマホケースで雨の日も安心!
created by Rinker

サブ・熱暴走対策としては、アリ!

既存3社に対して、特徴が光る「楽天モバイル」。

かつてはSoftBankがその役割だった感じがするのですが、もう完全にその立場は失ったんだなぁ…と、改めて思うのですが…

ウバかず
ウバかず

結局、繋がるかどうかが肝心!

ま、当たり前ですけれどもね。

まずは繋がるかどうか。
それも楽天回線で繋がるかどうか、です。

自宅・最寄りの駅エリアだけでなく、ある程度のエリアとして繋がるかどうか。

そうじゃないとメイン機種としては利用しにくいのが実情。
「楽天モバイル」の最大の弱点は、現状だと、そこと言うコトに尽きます。

なので、現状は、「楽天モバイル」1機種だけだと、余程のエリアで稼働しない限り、厳しいと言えるかと。
急速にエリアを拡大しているのは、事実ですけれどもね。
安定感と言う意味では、もうちょっと時間が掛かりそうな気がしますね。

ただ、サブ機種としてならば、アリですかね。

特に、1GBまでならば無料で持てるコトになりますから、夏の熱暴走対策でのサブ機種とか、既存のスマホの不良対策として考えるならば、アリですかね。

楽天の場合、キャンペーンも頻繁に行われているので、それに合わせて、とりあえずサブとして持ってみる…と言う感じで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました