ウバ活、1年を迎えて。

Column
この記事は約3分で読めます。
Sponsored Link
ウバかず

ども。
ウバかず(@UberSaitama)です!
埼玉西部のド僻地でウーバーイーツの配達をしています。

基本、超まったりな配達パートナーです。

元々、大してお役立ち情報が書かれているブログじゃないのですが、今日の記事は特にお役立ち情報皆無の個人的な話です(申し訳ないですが、アップしておきたくて)。

拠点となる場所が、転々とした1年。

そう言えば、私語とですが、気が付けば4月で「Uber Eats」で配達パートナーをし始めて、1年が過ぎ去りました。

まぁ、コロナ禍で「Uber Eats」の配達パートナーを始めたと言う方も多くいらっしゃられるかと思うのですが、ボクもどちらかと言うと、その口で、登録自体は、去年のコロナが厳しくなる直前ぐらいにし始めたのですが、

ウバかず
ウバかず

4月中旬まではいつもの別仕事→
コロナで次に予定していた仕事がぶっ飛ぶ→
コロナ長期化でその次に戻る予定だった仕事もぶっ飛ぶ…

みたいな感じで、ちょうど4月に川越が「Uber Eats」のエリアになったコトもあって、川越からウバ活をスタート。

観光客も皆無で走りやすかった川越での稼働が楽しくて、そのまま適時、稼働するようになり、気が付けば、小平拠点になり(単に電車賃が川越に行くより安かったのと、シェアサイクルがあるのが理由です)、どうせ市外に行くならより稼げる方がイイのかな…と、都内出稼ぎ稼働民に。

まぁ、毎日じゃなく、ホントに合間稼働でしたが、都内稼働も板橋からスタートさせたのが、やがてはdocomoの赤チャリのポートを理由に、坂の多い文京区稼働に移り(赤チャリが板橋区内にはないのと、人の多くて走りにくい池袋を嫌ったと言うのが理由ですが)…

その後も、別業の関係で志木拠点をしてみたり…と、これだけ拠点を変える人も、幾ら働く場所を自分で決められる「Uber Eats」の配達パートナーとしても珍しいのでは…と。

夏終わりには京都や大阪に遠征をしたり…と、何気に充実していたようなウバ活。
いろいろな場所で楽しみながら稼働できたなぁ…と、改めて。

まぁ、裏を返せば、そこまで収益よりも自分が楽しんで、気楽に稼働と言うのをメインにしたからこそ、こうして転々と出来たんですけれどもね。

収益重視なら、もちろん、1ヶ所に腰を落ち着かせて稼働した方が良いに決まってますから。

ウーバー公式|緑のウバッグ
created by Rinker

この先1年は、どうするよ?

で、気が付けば1年が過ぎると言うタイミングで、今、住んでいる街がエリア化

まさか「Uber Eats」のエリアになるとは、1年前には思ってもいなかった。
だってそもそも関東平野の端っこにある僻地ですし、人口も大して…ですから。
「Uber Eats」なんて、アーバンライフ(死語だな、これ)のサービスだと思っていましたしね(実は今もそう思っていたりしますけれど)。

そこまでガンガンに鳴る訳じゃないけれど、エリア自体も広くはないし、お店の場所とかもばっちり分かるぐらいにしか導入店舗がないので、やっぱり気が楽ですね、地元稼働。

ただ…
やっぱり収益的にはちょっと厳しい予感も。
元々、鳴る時間が偏っているのに、さらに単価が安くなったらやって行けませんから…

さて…
1年を迎えた訳だけれども、この先、どうするか…

そんなタイミングで新報酬体系が全国的へ展開
これはまた、多少なりとも動き方が変わるのかなぁ…なんて、思いつつ、実は遠征Part.2に出ていたりしますけれどね。

どこでも楽しく稼ぎたい。
この思いを叶えさせてくれるならば、ウバ活はこれからも頑張って行くのだけれど、果たして、新報酬体系はどうなのやら。

でも、とりあえず、もう少しは頑張るので、たまにはプラッと鳴らない時の時間潰しにブログを読みに来ていただければ…と。

ひとまず怪我無く、事故なく、1年を迎えたコトに安堵です。
また安全に気を付けて、稼働して行きます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました