ウーバーイーツのセルフドキュメンタリー映画「東京自転車節」、中野から上映開始!

ウーバーの話題
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Link
ウバかず

ども。
ウバかず(@UberSaitama)です!
埼玉西部のド僻地でウーバーイーツの配達をしています。

基本、超まったりな配達パートナーです。

そう言えば、最近、めっきり映画を見なくなった。
いや、昔もそう多く見ていた方ではないけれど、ミニシアターとか、時々、行っていたモンですが、それすら行かなくなった。
まぁ、別にコロナに関係なく、「映画」に興味がなくなったのと、公開情報に疎くなったと言うのが、正しいんでしょうけれど。

エヴァも見てないんだよなぁ…

ウーバーイーツの配達を映画化!

「ウーバーイーツ」の配達パートナーとして青柳 拓監督自らが働いたセルフドキュメンタリー映画の『東京自転車節』が、2021年7月10日から東京で公開されました。

そう言えば、前に公式でも違う映画があったよね…とも思いますが。

コロナ禍で仕事が減って、ウーバーの配達パートナーを始めた人と言うのは、案外、多いかとは思うけれど、この映画もそんな流れでスタート。
実際、監督自らが撮影しながら出演していると言う映画ですが、そもそも監督自体、金がなかったのも事実のようです。

全編スマホとGoProで撮影した作品と言うから、YouTubeと似たような感覚なのかな?と思いつつ、予告編は、こんな感じに仕上がっていました。

 

うん。

配達パートナーとYouTubeって相性もいいと思うのだけれど、似た感じに見えてしまう自分がいます。
別にそれがアカン訳じゃないけれど。

正直な話、今の日本でセルフドキュメンタリー映画って、どこまで支持されるのか、分からない。

ここまでYouTubeが一般的になってしまうと、どうしてもそこがスタート地点になってしまうから、なら映画である意味は何処にあるんだろう?とも思ってしまう自分がいます。

だけれども、逆に言えば、YouTubeが全盛になったので、セルフドキュメンタリーにも抵抗感は少なくなったのかな?とも思うし、ストーリー性を持ったYouTubeってまだまだ多くはないから、そうした感じでも楽しめそう。

大きな画面で見れると言うのも、もちろん、ポイントですしね。

ただやっぱりちょっと見てみたいと思うのは、やはりボク自身が配達パートナーだからなのだろうな…と。

雨天時も夏の暑い時期にも必携品!|速乾・吸水タオル
created by Rinker

大きなシステムの中の小さな孤独

特に、都心部の「ウーバーイーツ」は、置き配も多いし、仮に手渡しであっても、運んできた料理を渡すだけ…なので、ホントにお客さんとの接点は一瞬。

いや、ホントに孤独です。

ボク自身、1人暮らしなのですが、1日稼働をして、話したコトバが、

ウバかず
ウバかず

お疲れ様です。

ウーバーイーツです!
番号は●×▼■…

と、お店で話すのと、

ウバかず
ウバかず

お待たせしました、ウーバーイーツです!

ぐらいしかナイ時もある。

最近、地元で稼働すると、既に顔で判断されていたりバッグで判断されるのと、そこまでウーバーのオーダーが被らない郊外なので、番号すら言わないでも料理がピックできてしまうコトも多いし。

それでもマスクの下の笑顔だけは絶やさないように…とは思っていますけれど。

青柳監督が、映画のWEB上で、

労働ってシステマチックなものじゃなくて本来もっと人間らしい血の通った作業だと思うから、ウーバーイーツという身近なシステムくらい自分の力で血の通ったものにしたいと思いました。

システムによって断絶された社会で、それぞれが「孤独」だということを意識し自覚したけど、それなら「孤独」だからこそ会いたい!繋がりたい!と強く思うようになりました。

なんとなく分かる気がする…と言う感じも。

「ウーバーイーツ」の場合、特に何かに集うコトもなければ、ピックで被った配達パートナーがだれでどんな人なのかも分からない。

繋がりが全くない世界。

それがしがらみがなくてイイと言う話でもありますが、全くナイのも寂しいモノで。

弱い繋がり。
それが今よりももう少し求められる世界になって来るのかなぁ…なんて思ったりも。

スポンサーリンク

中野から全国公開へ!

公開初日を終えた『東京自転車節』。

まずは東京・東中野のミニシアター「ポレポレ東中野」で公開開始です。
他にも全国各地での上演が、日程未定ですがアナウンスされていて、具体的にはこんな感じ。

東京自転車節|公開スケジュール
  • 東京都|ポレポレ東中野|公開中
    10:00/ 18:10/ 20:30
  • 神奈川県|横浜シネマジャック&ベティ|時期未定
    神奈川県|川崎市アートセンター|時期未定
    神奈川県|あつぎのえいがかんkiki|時期未定
  • 埼玉県|川越スカラ座|時期未定
  • 宮城県|フォーラム仙台|時期未定
  • 長野県|上田映劇|時期未定
  • 愛知県|名古屋シネマテーク|2021年7月31日~
    時間未発表
  • 京都府|出町座|時期未定
  • 大阪府|第七藝術劇場|2021年7月24日~
    時間未発表
  • 佐賀県|シアターシエマ|時期未定

 

ミニシアター系は、上映期間が短かったりするコトもあるので、近くでやっているので見てみたいなぁ…と言う方は、まめにチェックされた方がベターなのかも。

普通、映画の公開イベントって、初日とか2日目だけってのが通例ですが、「ポレポレ東中野」では、公開後の平日夜もイベントが盛りだくさん。

今後も何かしらのトークイベントとかがありそうな感じもするので、それを狙っていくのもアリなのかな…と。

ただ配達しながら…だと、ちょっと最終回でも早いんですよね。
それが難点。

そして一番思うのは…

ウバかず
ウバかず

配達員割が欲しい…

これがあれば、もっと多くの配達パートナーに見て貰える可能性があるのに…
なんかちょっともったいない感じもするんだよな、プロモーションとしては。

日程が合えば、見に行きます~(合うかどうか分からんけれど)。
見に行けたら、また感想でも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました