ウーバー、首都圏でもクエストが1週間単位に!

ウーバーの話題
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Link
ウバかず

ども。
ウバかず(@UberSaitama)です!
埼玉西部のド僻地でウーバーイーツの配達をしています。

基本、超まったりな配達パートナーです。

首都圏でもクエスト、1週間単位に!

2022年5月16日からのクエストが発表になり、首都圏でも、1週間単位のクエストに変更となりました。

“首都圏でも”と書きましたが、既に関西圏では実装されていた話(大阪は確認していたけれども、京都・兵庫などは不明)。

ウバかず
ウバかず

やっぱりどこかで試験的に導入されると、

ほぼその後、

他のエリアでも導入が進みますね~、ウバは。

今までは月~木曜日深夜までのクエストと金~日曜日深夜までのクエストの2本立てだったのが、月~日曜日の1本に。

恐らく首都圏のチャリンコ稼働で最低限のクエストだと、こんな感じに(5月13日スタートの週末クエと5月16日スタートのクエスト比較)。

改定前改定後
乗車回数報酬乗車回数報酬
5回+500円5回+250円
15回+1,000円10回+500円
25回+3,500円15回+750円

クエストの期間は長くなって、1回になったのに、完クリの乗車回数が減っていると言うのは、謎ですね。
そうなると、完クリしてもゲットできる報酬額が下がると言うコトになる訳ですが…

で、去年の今頃、ちょうど“跨ぎ(クエスト)が下がったね”って記事を書いていました。

これを見る限り、20回で920円・25回で1,320円だったようなので、寧ろ、この最低ランクのクエストだと、単価は上がっていると言う感じですかね。

今回は15回で1,500円ですからね。

ただ週間制になるので、クエストの回数自体が減っちゃうので、単純に比較もしにくいけれど(総額的には下がると言うのは、間違いないでしょうが)。

スポンサーリンク

数少ないメリットも…

で、数少ないメリットを挙げてみるとすれば、今までは週末クエストだと、

・金曜9:00~日曜24:00

までが対象の時間になっていました。
それが1週間のクエストに変わると、

月曜4:00~翌週月曜3:30

までが対象に。

つまり今まではクエスト開始日の朝って、対象外だったのが対象になると言う点。

これは朝からオーダーが見込めるエリアだと、ちょっとプラスですかね。
もしくは出勤前の朝活でウーバーをしている人には朗報。

逆に今まで、月曜日の朝~昼間って、単価が良かったように思うけれど、この辺りも変わって来るかな?なんて思ったりも。

ウバかず
ウバかず

ただ…
それぐらいですかね、メリットは。

クエストの回数上限は増えていなさそうなので、クリアが容易になったと言うのも、地味にメリットではありますが、それ以上にデメリットが大きそう。

クエストの回数が半減する訳ですからね。

報酬面については、今は閑散期なので、何とも言えない部分はありますが、絞って来たな~と言う感じはしちゃいますね。

簡単装着でおススメのスマホホルダー
created by Rinker

最大のメリットは、クエストが残ったと言うコト

個人的にはまだ専業のタイミングじゃないので、クエストで一喜一憂する気はあまりナイんだけれども、それでもやっぱり稼働する意欲が…と言うのは、事実。

クエストの数を減らして報酬も減らせるだけ配達パートナーの数が多くなっていると見るべきなのでしょうかね。
それとも単に、閑散期だから報酬総額を絞りたい…と言う表れなのか。

ただ上記でメリットを書きましたが、最大のメリットは、“クエストが残った”と言うコトに尽きるかと。

そう、ここまでしてもクエストが残ったと言う点。

過去にはクエストがなくなったタイミングもありましたからね(2020年の秋ごろ)。

逆に考えれば、クエストをなくせるほどに余裕はないと言うコトなのかも知れないですね。

ライバル企業である出前館は派手にやっていると言うのも、背景にはあるかも…ですが、単価をオールスリコとかにはしにくい状態になっているので、これ以上、報酬単価自体が下げれない。

でも、報酬総額は閑散期だし減らしたい。

で、クエストに手を付けたい…

前みたいに、なくしちゃう?
いや、クエストを週間制にして報酬総額を減らして様子見よう!

そんな感じ?

まぁ、ウバはそう言う部分での手綱は上手い気がしますからね。

問題は、これが閑散期だけの話になるかどうか…ですかね。
繁忙期もこのクエストスケジュールだと、やっぱりちょっとキツい気はしますけれど。

梅雨時は雨クエで補うとして、夏の酷暑期はね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました