ウーバーイーツ、公式から小型サイズのウバッグ誕生!

ウーバーの話題
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Link
ウバかず

ども。
ウバかず(@UberSaitama)です!
埼玉西部のド僻地でウーバーイーツの配達をしています。

基本、超まったりな配達パートナーです。

ウーバー、公式グッズに2つの商品追加!

「Uber Eats」の公式バッグは、コロナ禍以後、Amazonからの購入と言う形になっていたのが、オフィシャルWebショップでの販売に変わったのが、今年(2022年)に入ってからの話。

ただWebショップはできたけれども、商品は、公式ウバッグ(黒・緑の2色)とマスクカバーだけと言う寂しい感じがしていましたが、その後、ヘルメットやアパレルが追加に。

そして今度は新公式ウバッグが商品に仲間入りしたコトが発表になりました。

初?の公式ミニバッグ誕生!

今度の公式ウバッグは、ミニ!

従来のウバッグよりも小型化された「2-WAYコンパクト配達バッグ」。

今まで同様にバッグパックとしても利用できるほか、何故かショルダーバッグとしても利用が可能な2WAY仕様。

しかも拡張機能付きと言うのがポイント高しですね。

商品の出し入れもしやすいように、開口部が上下2箇所に分かれていると言うのも便利なところで、価格は3,300円。

肝心のサイズは、本体が高さ38×長さ38×幅25cm。
重さは1.45kg。

ウエスト・ボディバッグも!

もう1つの商品は、ウェストポーチ。
斜めがけのボディバッグとしても利用が可能な仕様になっていて、現金対応している人には、便利そうな感じ。
あと夏などはシャツ以外の上着を着るコトもないのでポケットが少なくなるから、ちょっとした小物を持ち運ぶのには便利そう。

メインの収容部と、サブの2つに分かれている感じで、色は黒一色(ロゴはホワイト)。
防水仕様なのも、地味に嬉しいですね。

サイズは、高さ16cm×長さ39cm×幅6cmで、重さが0.154kg。

スポンサーリンク

ミニバッグは重さが半分に!

ひとまず、既存のウバッグと比べてみると、こんな感じ。

 既存ウバッグ新型ミニ
大きさ46×31×46cm38×38×25cm
重量3.18kg1.45kg
防水性能
保温・保冷性能
折りたたみ機能
拡張機能
サイドポケットありなし
カップホルダーありなし
携帯電話ホルダーありなし
バイクハーネスありなし
黒・緑

やっぱり重さの部分が大きく異なりますね。

重量的にも、半分以下になっていると言うのは、大きいですね。

既存のウバッグだと、男性でも丸1日稼働+背負って配達している人は、かなり重さを感じますけれど、今回のミニウバッグだと、それがかなり改善だろうなぁ…と言う感じ。

個人的にも、最近は、もう公式ではないミニバッグしか使っていないのですが(たまに雨や洗濯して乾かない時だけ、公式ウバッグを使用していますが)、1度、ミニバッグを使ってしまうと、公式のウバッグの重さに耐えられない…って感じなんですよね。

ただ他の業者から出ているミニバッグだと、拡張機能が付いているモノって、なかなか取り扱いがないので、公式から出るというのは、嬉しい限り。

軽い小型バッグだけれど、拡張機能付き!
created by Rinker

黒ミニバッグも出して欲しい…

フードデリバリーが盛んになって来て、公式のバッグ以外も、随分と世に出回っていますが、個人的には公式ウバッグが最強だなと思う。

機能性も拡張性も防水性も。

ただ難点だったのは、大きさと重さ。

仮に遠征しないのであれば、別に大きさは問題ないのかも知れない。

ただ遠征を考えると、やっぱり大きさは問題になるなぁ…と、常々思っていて、それでミニバッグを使用し始めた。
ただ小型が故に、大型注文は受けられないし、ピザも論外。寿司も大皿は不可。

なので受注漏れが出てしまうと言う問題があった。

大型の注文は仕方がないにしても、拡張機能があれば、ピザは受けられるのになぁ…と思っていたのですが、公式ではミニサイズがなかったので、今回の発売は嬉しい限り。

ただ…

緑一色のみの展開なんですね。

個人的に、この色合、好きじゃないんですよね。

もちろん、夜道の視認性の問題もあるのでしょうが、黒基調とかも作ってくれないかなぁ…なんて、ちょっと思ったり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました