Uber Eats、楽天グループと連携へ!ポイント加算・利用も可能に!

ウーバーの話題
この記事は約3分で読めます。
Sponsored Link
ウバかず

ども。
ウバかず(@UberSaitama)です!
埼玉西部のド僻地でウーバーイーツの配達をしています。

基本、超まったりな配達パートナーです。

楽天×Uber Eats、連携開始へ!

「Uber Eats」と「楽天グループ」がサービスでの連携を開始するコトが発表になりました。

まずは「楽天ペイ」(オンライン決済)で紐付けされているクレジットカード情報を利用した注文が、4月18日~4月下旬に掛けて、順次、可能になるとのコト。

楽天IDを利用した簡易的な新規会員登録も可能になるとのコト。
さらに今後は、「楽天市場」のセールイベント(楽天SUPERセールなど)との連動や、「Uber」(配車)での楽天ID・決済での連携も予定しているとのコト。

ウバかず
ウバかず

これは思ったよりも、

内容のありそうな提携になりそうですね。

やっぱり以前よりも勢いは落ちたと言えども

“楽天経済圏”にどっぷりな人も多いですからね。

ってか、逆に言えば、楽天が今までフードデリバリー業態では、鳴かず飛ばず…と言う感じでしたからね。
ようやく動いた…と言う感じ。

寧ろ、楽天ぐるなびデリバリーは、どうするの?と言う感じすらしてしまいますが。

この提携開始を記念してのキャンペーンも、2022年4月27日からスタートするコトが、併せて発表になっています。

具体的には、こんな感じ(今後、順次発表になるとのコト)。

・新規利用者に初回3,000円割引クーポンの配布
・新規利用者に最大20%のポイント付与
・既存利用者には最大3%のポイント付与

まぁ…
これはそこまで目新しさはない気もしますけれどね。
せめて既存ユーザーも期間中、ポイント倍付与!ぐらいにならないとなぁ…

個人的に気になるのは、その仕様ですけれどもね。
とりあえず、メッセージの送信が可能なのかどうか…など、ちょっと気になるところ。

その辺りも、どうなんでしょうね。
ただ住所不備はなさそうな気はするけれど。

スポンサーリンク

楽天経済圏にタッチできるように!

俗に言われる「楽天経済圏」。

ココに「Uber」がタッチできると言うのは、大きいですね。

「楽天カード」・「楽天ポイント」・「楽天キャッシュ」での利用ならば、注文金額100円につき1ポイントが獲得できると言うのは、魅力的。

まぁ、1%還元ではありますけれどね。
ナイよりもマシですし、そもそもポイントを貯めている人からすれば、その1%が大きい訳で。

まだ詳細が見えませんが、貯めた楽天ポイントも利用するコトができると言うのは、大きいようにも。
仮に期間限定ポイントも利用可能だったら、使いたい!と言う層は少なくない気はします(期間限定ポイントが利用可能かどうかは、まだ未判明)。

ただ…

問題は、都心部だと…と言う話にはなるかもだけれど。
どこまで郊外エリアで、「楽天経済圏」に浸かっている人がいるんだろう?

そして期間限定ポイントが利用可能だったとしたら、ポイントの消滅ギリギリでローソン注文とかが増えそうな気がしてならないですけれどもね。

 

提携関係で拡大余地ある?

「Uber Eats」と楽天の提携。
こうした提携が出来るのが、「Uber Eats」の最大の特徴なのかも知れませんね。

ソフトバンク系の資本は入っていると言っても、協業と言う感じじゃないし、ソフトバンクのカラーは、ほとんどナイ。

その一方で、2強の1つでありライバルである「出前館」は、資本的にヤフー・LINEとがっつり組んでいるコトもあって、ヤフーとはオンラインショッピングモール事業などでライバルになる楽天グループとの踏み込んだ提携と言うのは難しいでしょうし。

「Uber Eats」は国内フードデリバリー2強のうちの1つだけれど、その都度、提携関係を作れる余地がまだまだあると言うのは、やっぱり強いようにも。

加盟店は、結局、「Uber Eats」でも「出前館」でも、運んでくれればOKな訳ですし、フードデリ業態で差別化となると、送料の部分が一番大きいかと思うのですが、こうした提携関係でも差別化はできますからね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました