PayPayにウーバーイーツのミニアプリが実装!

ウーバーの話題
この記事は約3分で読めます。
Sponsored Link
ウバかず

ども。
ウバかず(@UberSaitama)です!
埼玉西部のド僻地でウーバーイーツの配達をしています。

基本、超まったりな配達パートナーです。

そろそろ日没後は、そこまで暑くなくなって来て、寝苦しいと言うのが、無くなって来たと言うのに、なぜか全く寝れない日々が続いている今日この頃。

寝れない→とりあえずタバコを吸っちゃう→コーヒーが飲みたくなる…の悪循環に陥っています。

まだ昼間は暑いので、しっかりと睡眠を取らないと、熱中症に掛かるリスクが高くなるだけなのに…

どうしたものやら。

PayPayミニアプリにウーバー実装!

QRコード決済の「PayPay」に「Uber Eats」が実装されました。
ミニアプリとして。

これで「PayPay」のアプリを利用しながら、「Uber Eats」の注文・支払いをアプリ内で完結するコトが可能になりました。

まぁ…
コレ、春先にもアナウンスされていて、夏前に導入って感じだと思っていたのですが、ようやく…と言う形。

働いている側から見れば、しっかりと住所は記載されるんだろうか…と言う感じではありますが、住所不備がなければ、歓迎したい話です。

と言うか、そもそも「PayPay」の利用率って、今、どのぐらいなんでしょうかね。
還元率の高さで一気にQRコード決済を広めた感じはしますが、還元祭りが終了してからは、確かに局地的に還元率が高いコトはありますが、話題性と言う意味では、あまり…と言う気がしなくもないのですが。

まぁ、ボク自身もあまり使っていなくて、既に残高は100円台だったりしますけれどね。
QRコード決済は、確かに便利だし、基本的に電子マネー・クレジットカードで決済ばかりで、もう現金なんてほぼ使わない生活はしているのですが…

そして、「PayPay」ミニアプリの実装で、少しでも現金配達が減ると嬉しいのは、事実。

埼玉の僻地担当だと、やっぱりまだまだ主流は現金決済。
置き配率も上がっては来ているけれど、都内ほどじゃなく、現金オフにする勇気が出てこないのが実情な訳で、QRコード決済では首位と思われる「PayPay」の実装は、少しでも現金案件が減る要素ではありますからね。

と書きつつ、埼玉だと「PayPay」への実装でも、現金案件は減らないだろうな…

正直、現金決済は手数料を導入→配達員還元にして欲しいぐらいですけれどもね(50円ぐらいでも構わないので)。

キャンペーンも開催!

「PayPay」でのミニアプリ対応によるキャンペーンも実施です。

期間は2020年8月21~31日。
「PayPay」のミニアプリから注文し、初めて「Uber Eats」を利用する人は、最大50%オフ(割引上限1,500円)のプロモーションコード。
初めてでない人も、先着30,000名を対象に100円オフ(1回限り)。

思ったより、大きくはない割引率。
期間も長くはないので、どこまで反響があるのだろう…とすら。

何よりも、「Uber Eats」を頼むなら、「PayPay」でって習慣化させるには、ちょっとパンチが弱いですかね。

せめて100円割引も先着じゃなく、期間中何度でも…であれば、もうちょっと違う気はするけれど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました