Uber Eats、今年の年末年始のインセンティブは?

ウーバーの話題
この記事は約3分で読めます。
Sponsored Link
ウバかず

ども。
ウバかず(@UberSaitama)です!
埼玉西部のド僻地でウーバーイーツの配達をしています。

基本、超まったりな配達パートナーです。

今年も年末年始のインセンティブは有り!

年末に書き忘れていましたが、今年も「Uber Eats」では年末年始向けの特別なインセンティブが開催中です。
期間が2つに分かれているので、まだまだこれからでも獲得可能なインセンティブになっているので、年始稼働をされる方は狙ってみるのもアリなのかも。

期間|
#1…2021年12月27日~2022年1月2日
#2…2022年1月3日~1月9日
内容|登録都市で、期間中、各週22回の配達を達成すると、それぞれ2,022円を別途に加算

22回で2,022円。
なので1回あたり、約202円の加算と言うコトになりますね。

通常のインセンティブに加えての加算と言うコトで、1回の配達で、通常のインセンティブ・年末年始の特別インセンティブの2つにカウントされると言うのも、ちょっと嬉しい限り。

良く鳴るエリアや日ならば、22回の配達は1日で終了も狙える件数と言うのも、つい狙いたくなるところですかね。

スポンサーリンク

去年より報酬はダウン?

年末年始の特別なインセンティブは、去年も開催されていたモノ。
色々と削られてきている中で、今年も開催されていると言うのは、ホッとしてしまいますが、去年の内容は、こんな感じでした。

2020~2021年に掛けてのインセンティブだと、5回で500円。10回で2,020円。20回だと5,000円と言うモノだったので、やっぱりインセンティブの面でも随分と少なくなっている?と言う感じはしてしまいますね。

しかも前回分ならば、3段階に分かれていたので、期間中、1日しか稼働できない…と言う場合でも、無理なくプロモーション報酬をゲットで来ていましたが、今年は段階が分かれていないので、とにかく“22回”の配達と言うのが最低限になってしまいましたから、スポットでしか稼働できない人からすると、ちょっとハードルは上がったのかも。

金額が下がっても、なんとか特別なインセンティブが設定されたコトを喜ぶべきなのか…
金額が下がって、ハードルが上がっているコトに対して、嘆くべきなのか…

ちょっとどちらなのだろう…と言う気はしますが、既に利益を出す体制に向かっている「Uber Eats」の2022年の姿勢が見え隠れしそうな部分ですかね。

まぁ…
企業として、利益を出すと言うのに最大限の目的を置くと言うのは、間違っていない話ではありますけれどね。

カジュアルな防寒靴|足元からあったまろ~
created by Rinker

注意点は帰省先NGと言う点

注意点としては、あくまでも対象なのは、登録都市のエリアで稼働すると言う点。
なので、帰省先での稼働なんかは、登録都市を変えていないと回数としてカウントされないので、インセンティブも貰えないと言うコトになります。

「Uber Eats」もそろそろこの“登録都市”と言う概念がなくなっても良いのになぁ…と言う気はしますけれどね。

前は、報酬体系が異なっていたコトが明らかになっていたので、仕方ないのかな?と思っていましたが。

そうなるとますます遠征がしやすくなるんですけれどもね。
まぁ、まだクエストなんかで違いもあるので、当面、一本化は難しい話なのかも知れないけれど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました