DoorDash、日本での事業はWoltに一本化!埼玉にもWoltが!

フードデリの話題
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Link
ウバかず

ども。
ウバかず(@UberSaitama)です!
埼玉西部のド僻地でウーバーイーツの配達をしています。

基本、超まったりな配達パートナーです。

買収完了で日本はWoltに一本化!

2022年上期中に完了と言うコトで発表になっていたアメリカフードデリバリー最大手の「DoorDash」による「Wolt」買収。

2022年6月1日に手続きが完了したコトが発表になりましたね(下の公式サイトは英文ですが…)。

で、日本では先行して「Wolt」が営業を開始し、その後を追って「DoorDash」が上陸した状態で、2つのブランドが並立している状態でしたが、このたび、「Wolt」で一本化されるコトがようやく発表になりました。

「DoorDash」としての日本でのサービスは、2022年8月31日を以て終了(アプリを含む)。
以降は、「Wolt」ブランドでの事業と言うコトに。

片寄せ先になる既存の「Wolt」の配達員は、特に今後も、変更なしとのコト。

そもそも「DoorDash」は最後発で日本に上陸したけれども、そこまで展開が進む前に「Wolt」の買収が発表になり、ブランドが重複していた日本での事業は、さほど…と言う感じだったから、そこまで影響はないのかも知れないけれど。

スポンサーリンク

埼玉県もWoltエリアに!

で、今回の買収による「Wolt」への事業統合で、大きいのは、何と言っても

埼玉に“Wolt”がやって来る!

と言うコトですね、間違いなく。

埼玉県はなぜか「Wolt」が未進出。
それもあってなのか、「DoorDash」が進出。
しかも、埼玉県内の多くを事業エリアとして網羅している状態。

さいたま市・川口市・所沢市・川越市…と言った大規模な都市だけでなく、北は熊谷・西は飯能・東は三郷まで、事業エリアが広がっていたりします。

逆に、エリアになっていない市の方が少ないのでは…?と言うレベル。

これをそっくりそのまま「Wolt」ブランドに移行するのかどうかは不明ですけれども、間違いなく、さいたま・川口市などの県内でも需要の高い主要エリアや、所沢・越谷・川越市と言った主要都市、志木市などの東京都に近いエリアは、移行するでしょうね。

逆に需要が少ないエリアをどうするのか…は気になるけれど(少ないと言うか、ほぼナイに近いのかも…)。

でも、ようやく「Wolt」が埼玉県にも上陸ですね。

雨天時も夏の暑い時期にも必携品!|速乾・吸水タオル
created by Rinker

国内は4強時代に!

とりあえず、日本での事業は「DoorDash」じゃなく、先行する「Wolt」ブランドへ。

まぁ、これは仕方ないかな…と言う感じ。
ってか、逆に言えば、既に上陸している埼玉県内でもどれだけの知名度があるのだろう…と言う感じもしますからね。

ウチの市も、一応、事業エリア内だけれども、とりあえずダッシャーさんは見たコトがナイし。

ひとまずそのまま「Wolt」がエリアを継続してくれるとイイのですが…

「foodpanda」・「DiDi Food」が日本での事業を撤退して、これで日本におけるフードデリバリー業界も、

  • Uber Eats
  • 出前館
  • menu
  • Wolt

の4つに絞られた感じになりますね。
外資2つ(Uber Eats・Wolt)と和製2つ(出前館・menu)。

とは言っても、2強と下位だとかなりの差が開いているのも事実でしょうが、「Wolt」は今まで結構、我が道を行く感じもあったけれど、どう言う感じで追い上げて行くのかなぁ…と言う気も。

とりあえず、これ以上、プラットフォームが減らないコトを願うばかりだけれど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました